SWEETS LABO Laugh & Rough

掛田友紀恵です。

先日、傘寿と喜寿でやさしみプリンを使っていただいたエピソードを紹介させてもらいました。

そのブログはコチラ→

そのお客様から「ブログを読みました。ありがとうございました。」とわざわざ店舗に御礼の電話をいただきました。

そして、その日のブログを読まれた他のお客様からもプリンにまつわるエピソードをひとつ教えていただきました。

それは、うれしみプリンの話。

うれしみプリンは、グラニュー糖を使った王道のプリン。

底にカラメルがあります。

低糖プリンの店と宣伝してるので、普段はあまりスポットが当たらない存在。

エピソードを教えてくださったOさんは、以前法要でプリンを使ってくださった方。

昨日、久しぶりに来店されました。

今回は、職場の人に赤ちゃんが産まれたことを知り、おりづるタワーでうれしみプリンを購入。

そのプリンをお祝いにプレゼントされたそうです。

プリンをもらった男性は、プリンの掛け紙の【うれしみ】の文字を見てとても感動されたとか。

ちいさなプリンを通じて「おめでとう!」の気持ちが伝わります。

「これは、出産後の妻に持って行ってあげたい。」とすぐに言われたそうです。

うれしさが伝わるプリン。

お祝いする気持ちを一緒に届けられるプリンなのだと教えてもらいました。

うれしみプリンとやさしみプリンの名前をつけてくださったSさんには、こんな風な使い方が目に浮かんでいたのかもしれません。

ネーミングって大事だなと思いました。

お祝い、喜びの席にうれしみプリンって選択もあるんですね。

やっぱり、うれしみプリンも必要とされているんですね。

エピソード、教えてくださってありがとうございます。

来週水曜日は、初めてのフリマ。

そろそろ準備にかかります。

フリマで並んでいたらいいなと思われる商品のリクエストはありますでしょうか。

御要望お待ちしています。

今日もいい日になりますように。

Please follow and like us:
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email
Google+
https://laugh-rough.com/archives/6704