SWEETS LABO Laugh & Rough

掛田 友紀恵です。

火曜日、ひろしま夢ぷらざに初出店した日。

近くの港に、大型客船が寄港。

台湾からのお客様が来られるかも?とチラッとお聞きしていました。

夕方になり、どんどん増える観光客。

人、ヒト、ひと…。

娘の吹奏楽のパレードの時より本通りに人が多い!

見慣れた本通りは、まるで祭りのような賑やかさに。

首から青いカードホルダーをかけている台湾の方で溢れました。

ここはどこ⁈って感じです。

海外で露天商をしているのかと勘違いしそうです。

本通りの真ん中に案内役の添乗員が立ち、所々でガイドマップを手にしてお店を紹介。

スーベニアショップとしてひろしま夢ぷらざを御案内。

お土産と聞くととりあえず皆入店されますよね。

入り口に出店していた私達は、フレンドリーにたくさんの方に話しかけられました。

また、あのユニフォームが縞々で遠くからよく目立つらしく(笑)。

カーネルおじさんに負けない存在感。

ラフラフおばさん。

ひろしま夢ぷらざを出ると今度は皆お好み村方面へ。

ドン◯ホーテ、ヤマ◯電機を尋ねられます。

老眼が少し始まり、私にはつら〜い地図の小さい番号表示。

5なんだか6なんだか見えにくいー(汗)。

スタッフもうまいこと対応していました。

Turning to the right……

英語を話すスタッフを見るのは大変珍しいので記念にこっそり激写。

台湾の方は、スイーツがお好き♡

プリンも興味を持って購入してくださいました。

一緒に記念撮影もしました。

最後には本通りに立っていた添乗員さんが「nonsugar pudding」とうちのプリンを宣伝してくださるというおかしな展開へ。

広島で食べたあのプリン、美味しかった〜!と台湾の方の思い出に残るでしょうか。

さすがにリピーターになってもらうことは無いと思いますが、異文化に触れる楽しい時間でした。

創業して初めて経験することが多く楽しませてもらっています。

今日も楽しい1日になりますように。

Please follow and like us:
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email
Google+
https://laugh-rough.com/archives/4997