SWEETS LABO Laugh & Rough

掛田友紀恵です。

昨日、私が向かった先は鳥取。

夫の転勤で3年間暮らした懐かしい町。

広島から車で往復8時間。

友人と弾丸ツアーのような行程を組んで出掛けた目的はこのため。

image

大学2年生になる娘の吹奏楽コンクール。

会場は、とりぎん文化会館梨花ホール。

image

思えば、3歳で初めて音楽教室に通い始めたのもこの町でした。

私がまだ看護師だった頃、参観日や大事なイベントに出てやれない事がよくありました。

いつもお父さん。

看護師だからしょうがないと諦めていたのだと思います。わがままを言って私を困らせたことはありません。

中国大会の日程を聞いた時「店があるから無理。」と伝えた私に「メンバーに選ばれるのは最初で最後かもしれない。」と返信して来ました。

もしかしたら、このコンクールを見逃したら私は親として一生後悔するかもしれないと思いました。

今回、スタッフと親友に無理なお願いをしてお休みをもらいました。

娘が演奏する姿を見ていると泣けました。

中学一年生でチューバを吹き始め、高校でマーチングを始めたのですが、身長が149㎝と小さく本当に苦労していました。

image

重いチューバを素早く肩まで上げられなくて辛かった日々。擦れて真っ赤になった肩。

弱音を吐かず炎天下でのマーチング。

ダメ金で次の大会を逃し悔し涙を流した日。

色んな思い出が巡りました。

大学の部は6団体中、1団体が全国大会に進みます。

結果はゴールド金賞‼︎

3組の金賞受賞団体の中から10月に石川県で行われる全国大会へ駒を進めたのは、娘の大学‼︎

本当に感動しました。

友人家族と抱き合って号泣。

あの場所で感動を分かち合えたことは一生忘れないと思います。

娘を応援してくださった皆様、私を快く送り出してくれた皆様、本当にありがとうございました。

image

10月29日、金沢歌劇座でのコンクール本番まで頑張って走り続けて欲しいと思います。

仲間と奏でる音楽は最高です。

感動をありがとう♪

Please follow and like us:
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email
Google+
https://laugh-rough.com/archives/2638