SWEETS LABO Laugh & Rough

掛田友紀恵です。

昨日は、ある場所へ出かけて来ました。

広島市の安佐南区総合福祉センター。

ここで、広島市自立支援協議会安佐南地域部会が開かれました。

障害の有無にかかわらず、みんなが安心して暮らすことのできる地域を目指して活動されています。

行政や医療、教育など含め45機関の参加があります。

なぜ、私がここへ出かけてきたのでしょう?

開店して1年経ち、さまざまな病気や治療のために低糖商品が求められていることを知りました。

糖尿病だけでなく、うつ病、悪性腫瘍、発達障害、潰瘍性大腸炎、アレルギーなど。

どこで発信すれば、この情報が届けたい人に届くのかと考えていました。

まずは自分の住むエリアから。

同じ安佐南区の医療、福祉の現場で頑張っていらっしゃる方にこのことを知っていただきたいと思ったのです。

その思いを理解し、応援してくださっている方からのご紹介。

以前、お邪魔した認知症カフェ「火曜てみんさい」の三浦さん。

西原セントラルクリニック地域連携室で活躍中の方。

事務局を務められている太田川学園所長の一丸さんに少しお時間をいただいて、会の中でお話をさせてもらえることに。

昨日は、30名の参加。

みなさん、障害者の自立支援のために日々尽力されています。

たくさんの出会いをいただきました。

先日の中國新聞の掲載記事が当日の資料として配布されており、既に読んでくださっていた方も多く温かく迎えてくださいました。

つながるがテーマなんですよ。掛田さん、来年度から地域代表の委員でぜひ参加して下さい。」と誘っていただきました。

ちょうど、協議会は火曜日開催。

全体会は年3回の予定。

医療福祉の現場は離れましたが、これからもつながることを大事にし、自分に出来ることを少しずつ取り組んでいきたいと思います。

人と人がつながるって素晴らしいと感動した1日でした。

今日もいい日になりますように。

Please follow and like us:
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email
Google+
https://laugh-rough.com/archives/4272