SWEETS LABO Laugh & Rough

掛田 友紀恵です。

先日、看護学校時代の友人達がお祝いを届けてくれました。

彼女達の住んでいる大阪からわざわざ。

たくさんの焼菓子が入っていました。

ダックワーズやフロランタン、フィナンシェ etc…。

このお菓子、実は東大阪のひびき福祉会というところで作られたものです。

軽度の知的障がい者の皆さんが作っていらっしゃるお菓子。

綺麗で美味しかったです。

丁寧に作られて、包装してありました。

そして、選んだ友人のあったかさがそのお菓子から伝わってきました。

「障害」を「障がい」と書く意味。

賛否両論ありますが、害の漢字のマイナスイメージ、ひらがなのやわらかさと可能性を持って選んで使われいます。

気になられた方はググってみて下さい。

まだまだ、店長は知らないことがいっばい。

理解を深めないといけないなぁと日々思います。

プレゼントの焼菓子に癒されました。

今日から2月。

バレンタインに向けて準備開始です。

Please follow and like us:
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email
Google+
https://laugh-rough.com/archives/13160