SWEETS LABO Laugh & Rough

掛田友紀恵です。

まずは、お試し。

テレビでもよく使われる言葉。

うちのプリンも人に贈る前に 1個だけお試しで購入されるお客様がいらっしゃいます。

固さや甘さ、好みは人それぞれ。

そして、後日もう一度来てくださった時はテストに合格したようでとても嬉しくなります。

先日、四国のお孫さんにこのプリンを送りたいと言ってくださる女性と出会いました。

友人から、飲み込みの悪い人でも食べやすいプリンがあると教えてもらったそうです。

四国にいらっしゃるお孫さんは、22歳。

実は、大学生の時に交通事故の被害に遭われて重い障害が残ってしまったとか。

お客様は、毎月四国のお孫さん宛てに荷物を送っておられます。

食べられそうなもの、使えそうなものを選んで。

そこにプリンを入れて送ってみたいと言ってくださいました。

なるべく長い賞味期限のプリンをお渡し出来るように製造の時間を考え、来店していただきました。

仕切りのある贈答箱に入れました。

お客様は「大した事は出来ない。でも、少しでも喜んでくれたら…と思うんですよ。してあげられることは本当に限られています。」と話されました。

お孫さんへの愛が溢れていて、切なくなりました。

もう一度、そのお客様が来店してくださる日が来るがどうかはわかりません。

再会出来る日が来るといいなぁと思います。

今日から3連休ですね。

皆さんはどこにお出かけですか。

広島駅に立ち寄られることがあれば、ぜひ地下1階の催事にお立ち寄り下さい。

カルディコーヒーファーム横の神戸サンド屋さんのショーケースのプリン、どうぞよろしくお願いします。

今日も楽しい1日になりますように。

Please follow and like us:
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email
Google+
https://laugh-rough.com/archives/4496