SWEETS LABO Laugh & Rough

掛田友紀恵です。

昨日は定休日。

夜、友人と待ち合わせをしてカフェでひといき。

友人のオススメは、【抹茶スムージーに抹茶ソフトのトッピング】

メニュー表を見てオーダー。

そして、運ばれて来たものは明らかに抹茶ソフトがアイスクリームの形。

???

「コレお願いしたものと違いますけど…。」と友人がバイトの子に伝えると「中身は同じものです。」と対応される。

???

「今、機械がメンテナンス中なんです。」

いやいや、メンテナンス中なのはしょうがない。

しかし、メンテナンス前に残っていたソフトクリームをアイスクリームディッシャーで冷やし固めた物をのせて出して「同じものです。」はないでしょ。

「せめて、同じものが出せないことは作る前に言ってもらいたい。」と友人はお怒り。

ソフトクリームを固めた物は、もうソフトクリームの食感ではなく、アイスクリームとも言い難い微妙な氷菓(笑)。

流石にこれは…ない。

友人のイチオシ商品だったので、ちょっと残念でした。

それにしても、お客様の気持ちを考えてないなぁ…。

後で友人に色々聞けば、ソフトクリームの高さもアイスクリーム風になったことで、3分の1くらいに圧縮され超ショボくなっていたらしい。

このカフェを紹介してくれた友人もがっかり。

店長らしき人が機械をメンテナンス中だったので、会計を終えた後に気持ちを伝えて帰りました。

代替えの商品をお客様に提供する時、確認するのは当たり前ではないのでしょうか?

お気に入りの店でなくなる瞬間。

友人は「もう二度と行きたくなくなった。」と言っていました。

昨日の出来事は、商品を製造販売している私にとってもとても勉強になりました。

心を込めて製造販売しなければいけませんね。

凹んでいた友人のために、また素敵なお店を今度は私が探しておきましょう。

誘ってくれてありがとね。

今日も一日いい日になりますように。

Please follow and like us:
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email
Google+
https://laugh-rough.com/archives/7378